ENGAGEMENT / 結納式

ご結納

慶びのプロローグ

お二人で育んできた愛をご両家で喜び幸福をわかち合うご結納。
大切な晴れの日にふさわしい、和やかななかにも格式の美に彩られた時間を。

ご結納式・お食事会

お料理 和食会席/洋食正餐

梅結び
お一人様7,600円
桜結び
お一人様8,500円
華結び
お一人様10,200円

※上記料金には、お料理・お飲物(ビール・ソフトドリンク各一本付き)・ご結納式司会進行係が含まれております。
※佳き日の思い出に「クリア箸&箸枕」をお持ち帰りいただけます。
※30名様まで承ります。

  • 和食会席
    箸附/御吸物/御造り/御家喜物/御温物/御揚物/留椀/御飯/香の物/水菓子
  • 洋食正餐
    オードブルサラダ/スープ/魚料理/お口直し/肉料理/自家製パン/デザート/コーヒー

室料

2時間
10,000円

オプション

ご結納セット
26,700円より
受書
2,500円より
ご結納菓子
(11名盛り)
12,000円より
装花
3,500円より
記念写真
(1ポーズ1枚仕上げ)
10,000円
写真焼き増し料金
(1枚)
5,000円
引菓子
1,000円より
お振袖パック
40,000円

※表記料金に別途消費税とサービス料が加算されます。ただし、オプション料金には消費税のみが加算されます。

ご配席列

ご配列席

ご結納品

目録(もくろく)
結納品用の品名と数を箇条書きにした送り状
長熨斗(ながのし)
のしあわびが名前の由来。古くからあわびは貴重品とされ、不老長寿を象徴し、これを贈ることは最大の祝意を表わします。
金包(きんぽう)
結納金を包みます。結納衣装の象徴として、花嫁へは「帯料」を、花婿へは「袴料」と表書します。
勝男武士(かつおぶし)
長期保存のできる鰹節は、慶事の贈物として重宝され、力強い男性の象徴とされています。
寿留女(するめ)
長期保存のできることから、二人の結婚生活が永遠でありますようにとの願いがこめられ、「寿」を「留=とどめる」女としての縁起物です。
子生婦(こんぶ)
昆布は繁殖力の旺盛な植物です。子宝に恵まれ、壮健、子子孫孫の繁栄を願います。
友志良賀(ともしらが)
夫婦が強い絆で結ばれ、和合相愛のもと「ともに白髪の生えるまで」と長寿への願いをかけます。
末広(すえひろ)
末広がりな家運の繁栄を祈ります。清純・潔白を白扇にたとえ、その純真無垢な心を表わします。
家内喜多留(やなぎだる)
柳樽はお酒を入れる飾り樽のことです。柔らかく、しなやかな柳の葉にたとえて、家内円満を願います。

ご結納式進め方

ご結納式進め方

  • 男性側ご来館、ご結納飾りつけ
  • 女性側ご来館
  • ホテル進行係とお打合せ

ご結納式

  • 男性側、女性側の順にてご入場
  • 開式(ホテル進行係にて)
  • 男性側より女性側へ結納の品(目録)を納めます
  • 女性側が目録を改めた後、男性側へ受書を納めます(男性側より婚約指輪の贈呈)
  • ご両家、固めの盃
    ※お仲人様をたてられる式の進行も承ります。
  • ご婚約成立

ご会食

  • ご会席の席へご案内

六輝について

  • [大安] 「大いに安し」の意味。万事が吉なので特に祝儀が行われる事が多い日です。
  • [友引] 大安同様良日と扱われる。朝・夕刻・晩は特に吉とされております。
  • [先勝] 万事に急ぐ事が良いとされている日です。
  • [先負] 万事に平静で穏やかである事が良いとされ、特に午後は吉とされています。
  • [赤口] この日は正午を中心に良い日とされています。
  • [仏滅] 祝儀は避ける事も多い日ですが、最近はこだわらない方々も多くなりました。